中古車を購入するなら50万円以下がお得な3つの理由

 

車の価値が下がりようがない

 

あなたがもし500万円で新車を購入したとします。

 

そして半年くらい乗って、急遽お金が必要になったので買取をしてもらおうと思いました。

 

大手の買取業者に見積もりを出してもらうとなんと買い取り金額350万円といわれてしまいました。

 

たった半年しか乗っていないのに、毎月約25万円の資産価値が下がった結果になります。

 

このように高い車を新車で購入すると一気に資産価値が下がります。

 

あがるということはまれで、99.9パーセント車の価値は下がります。

 

ちなみに50万円の中古車は、もう資産価値は下がりようがありません。

 

下がったとしても50万円しか下がりません。

 

5年乗って、買取依頼をかけたとしても最低の最低で10万円で、買い取ってもらうことができます。

 

もちろんもっとうえだと思います。

 

人気がないだけで性能は上の場合が多い

 

50万円以下になる中古車というのは、古いといった理由意外にもほかに理由があります。

 

たとえば、単純にカラーがダサいとかボディがダサいなど女性受けしないデザインだったり、車販売直後に有名評論家に酷評され、それが広く知れ渡ってしまい不人気になってしまった場合です。

 

車はいろいろな理由で人気になったり、不人気になったりします。

 

ただ人気と性能のよしあしは関係ありません。

 

車の色がグリーンであってもエンジンには関係ありません。

 

車のボディが女性にとってダサいと思われても車の性能には関係ないのです。

 

200万円の新車とたいした差はない

 

50万円の中古車と200万円の新車に150万円の差はない。

 

50万円の中古車だって、200万円の標準装備はついております。

 

ABSもついておりますし、カーナビもついております。エアバックもついています。

 

ついていないものは、ミニバンによくある3列シートのようなものですね。これは流石についておりません。

 

しかし本当にそんなに3列シート目を使うでしょうか??

 

一年に一回使うか使わないか??のために150万円を使うでしょうか??

 

使う必要があるときは、レンタカーでエルグランドなどを借りたほうが安いと思います。さらに広いですし・・・・。

 

あとは150万円の価値があるのは、見栄でしょうか??知り合いに車を購入したという話のときに、新車ではなく中古というのがいやだとかそういった見栄だと思います。