新車を購入するときも売るときのことを考えながら選ぶとコスパがいい

 

これを見ているあなたが、今から新車を購入しようか悩んでいるとします。

 

それかもう本当に購入しようとしている人かもしれません。

 

どれにしようか悩んでいて、いろいろとネットで探している人かもしれませんね。

 

どうもいろいろな情報がありすぎて、どうすればいいのかわからないそんなあなたに朗報です。

 

車を購入するときには、売却するときのことを考えながらするとコスパがいい

 

これを見ている方が、200万円の車を購入したとします。

 

5年ほど乗って、ほかの車に買い変えたいなと思ったときに、買い取り業者に見積もりを出してもらいました。

 

購入するときに売却のことを何も考えないで買ったときの買い取り金額は、50万円でした。

 

いつかは売却するときのことを考えて、購入したときの買取金額は、80万円でした。

 

これはたとえ話ですが、現実にこのようなことが起きるので、絶対に心に留めておいたほうがいいと思います。

 

購入するときに何を気をつければいいのか??

 

よく言われるのが、車体のカラーは、無難なシルバーやブラックにしようという話です。

 

これはどこでも言われていることですし、とてもいいと思います。

 

でもそんな周りと同じような色なんてやだと思う方も多いと思います。

 

そんな方のためにカラーの目安になるのが、その車のカタログに載っている色です。

 

もちろん表紙に載っている車の色です。これがとても参考になります。

 

このようにあまり変な色でなければ売却字にマイナス査定になることはないでしょう。

 

あとは、不人気車を購入しないことです。

 

車を購入する人が全員車に詳しいわけではありません。

 

なんとなくみんないいといっているからこの車にしようとしている人は多いはずです。

 

わたしも車を購入する前は、プリウスって言う車が燃費がいいのだなと思っていました。

 

でもよくよく調べてみるとアクアという車のほうが燃費がいいということを知り、さらにアクアという車があることをはじめて知りました。

 

そんな方も購入するので、あまり知られていない車や不人気車を購入することは避けたほうがいいと思います。

 

どうしてもそれがほしいというのであれば、しょうがないです。

 

普段運転するときも気をつけながら運転しよう

 

これは番外編なのですが、車を購入し終わった後も売ることを考えながら運転やメンテナンスをするといいと思います。

 

車内でタバコを吸わないことや急ブレーキや急発進をしないこともいいことだとおもいます。

 

たとえていうと車の教習所で習ったような車の運転をするといいと思います。

 

教習所で教わっているときはもちろんタバコは吸っていないと思います。

 

急ブレーキや急発進もしていないと思います。

 

その日々の心がけが、将来買取金額の上澄みになることを心がけて運転するといいと思います。