中古車でシートのへたれ具合に注意。

 

シートのクッションやカバーの布や皮がやれている場合は注意が必要です。

 

車の見えない部分の機械類や電気系統がいたんでいるケースが多いので注意が必要です。

 

ボディがピカピカでもエンジンの調子がとてもよくてもやめたほうがいいですね。

 

買った直後に思わぬトラブルが頻発する可能性があります。

 

内装が綺麗な車はかい

 

内装がこざっぱりとしていて、変な悪趣味な改造がしていない車は買ってもいいですね。

 

前のオーナーが大事に乗っている証拠ですし、エンジンや機械系に変な改造をしていない可能性が高いです。

 

中古車を購入するのであれば、依然乗っていた人がいるわけです。

 

その人がどのような性格の人なのかを考えながら、購入するといいと思います。

 

外観がシャープな車を買ったほうがいい

 

初心者の方がこれを見分けるのは難しいかもしれません。

 

でも何台も中古車を見ているとだんだんとわかってきます。

 

なぜシャープな外観のほうがいいかといいますと少し大きく見える中古車は、塗装を塗り替えている可能性が大です。

 

またボディを何かしらいじっている可能性がとても高くなります。

 

このような車は事故車扱いなので、あまり購入しないほうがいいと思います。

 

ボディとボディの間の隙間が均一でない車は、要注意

 

 

少しわかりづらいかもしれませんが、このように車には隙間があります。

 

新車の場合は、この隙間が均一です。長年乗っていると事故車じゃなくても隙間に均一性がなくなってしまいます。

 

でも一番均一性がなくなるのは、事故を起こして板金などで直したときです。

 

このときにあまりうまくない職人が車を直すと隙間が均一ではなくなります。

 

このようなところも見ながら中古車の購入を検討するといいと思います。