シトロエンのC5は、中古車の中でもお勧めである三つの理由

 

お金をあまり持っていないけどいい車がほしい。

 

コスパのいい車がほしいと思うのは誰でも同じです。

 

その中で高性能なのに、あまり高くない車があります。

 

それはシトロエンのC5という車です。

 

この車は、2001年に日本で発売され、2007年まで販売されていたものです。

 

2008年にフルモデルチェンジした2代目のC5が登場しました。

 

今回お勧めするのは、初代のC5しかも2004年のマイナーチェンジを受ける前のモデルです。

 

このバージョンがお勧めになります。

 

ただ車に詳しい方が、シトロエンと聞くとすぐに壊れてしまうというイメージがありますが、この2004年以降のシトロエンは大丈夫です。

 

以前は、シトロエンに搭載されているハイドロニューマチックサスペンションがよく壊れていました。

 

いまはハイドロニューマチックサスペンションが進化をして、ハイドラクティサスペンションVになったので、とても耐久性に優れ、すぐに壊れなくなりました。

 

C5に搭載されるエンジンは、直4の2.0リッターとV6の3.0リッターがあります。

 

新車時は、2.0リッターのほうが、300万前後3.0リッターのほうが、400万円前後します。

 

さすがに3.0リッターのほうで50万円以下は探すのが難しいかもしれませんが、2.0リッターのほうなら探せばあります。

 

もし探して自分が気に入れば即買いだと思いますよ。