車のエアコンをつけっぱなしにすると車の寿命が縮む?

 

車の運転技術とは少し違いますが、車についているエアコンの操作を雑にするとエンジンに無駄な負荷がかかり車の寿命を縮ませてしまいます。

 

最近の車は、標準装備で、オートエアコンがついていると思います。

 

この快適な機能オートエアコンをいつもつけっぱなしにしていませんか??

 

厚くて車の運転どころではないというときは絶対につけたほうがいいのですが、窓を少し開けたりすれば、快適な気温のときにエアコンをつけておくと徐々にエアコンとエンジン部分に負荷がかかり故障の原因になります。

 

ためしにこんなことをしてみてください。

 

エアコンがついている状態でエンジンの軽さを体験してください。

 

またエアコンがついていないときにエンジンの軽さを体験してください。

 

最近の車は、エアコンをつけてもエンジンに負荷が行かないように設計していますが、それでもエアコンをつけるとエンジンに負荷がかかるのです。

 

もちろんエンジンに負荷がかかるのであれば、燃費も悪くなるので、経済的にもよくありません。

 

窓の開け方1つで省エネ運転と快適な空調を手に入れることができる

 

車内の空調という点で、窓を開けるというのがとても効率がいいです。

 

そのときは窓を全開にしてはいけません。

 

車を走らせているとAピラーから後方は、負圧が発生します。

 

専門的に言うとベンチレーション効果が発生します。

 

そこで窓を少しだけ(1箇所)あけるとその効果のおかげで、換気扇の吸い込みのようになります。

 

すると自然の力で、車内の空気が外に吐き出され、新鮮な空気を車内に入れることができるのです。

 

これだけでもエンジンに負担をかけず、車内に快適空間を手に入れることができるのです。

 

真夏にエアコンの風量を最大にしてもあまり意味がない?

 

よく真夏になると車のエアコンを最大にして、冷気をむさぼるように浴びる人がいます。

 

しかし風量を増してもあまり意味がありません。

 

風量の目盛りを2くらいにして、外気導入で、運転席側の一箇所を少しあけるだけで、とても気持ちいい車内の快適空間を作り出すことができます。

 

バッテリーやエンジンへの負荷はたまた燃費もよくなるのですから、とてもいいことですよね。