車のエンジントラブルに強くなると長持ちします。

 

車のエンジントラブルをいち早く知ることによって、すぐに部品の交換や修理をすると車が長持ちします。

 

ものすごく当たり前の話からしますが、車のエンジンというのは、吸入、圧縮、燃焼、排気という4つのサイクルで、成り立っております。

 

この4つのサイクルがうまくいっていれば車のエンジンは調子よく動きます。

 

この中でひとつでもうまくいってなければ、振動などによって、ドライバーに伝えます。

 

ガタガタという音がしたり、振動を感じたら、エンジントラブルの可能性が高いのですぐに修理に出しましょう。

 

ではエンジンの調子が悪いときはどうやったらわかるのでしょう。

 

ある程度慣れてくれば、エンジンをかけただけでもわかります。(アイドリング中)

 

エンジンをかけた瞬間にエンジンルームに振動が走ったり、違和感を感じたら、エンジンがバランスよく動いていない証拠です。

 

AT車の場合、PレンジからDレンジに入れるとさらに振動が激しくなります。

 

ただ厄介なのがそれでもがんばって車は走ることができるので、手遅れになる前に修理を受けてください。

 

手遅れになって、エンジンが動かなくなるととんでもない金額の修理代がかかるので注意が必要です。

 

エンジンではないのにその周辺がおかしい場合もある

 

エンジンが快調に動いているのに、エンジンの周辺がおかしいとガタガタという音が聞こえたりします。

 

たとえば、ガソリンをエンジンに噴出するインジェクションという部品です。

 

インジェクションは、問題がおきやすい箇所で、不具合が起きて適切な量をエンジンの内部に送り込めないと効率よくガソリンが燃えてくれなくなり、燃費がとても悪くなります。

 

アクセルペダルを踏んでもスピードが出ずらいので、つい力づよくペダルを踏んでしまいます。

 

カラカラ、シュンシュン、キュンキュンという音は最悪です。

 

エンジンの周りには、振動を抑える部品で、マウントという部品があります。

 

これはゴムでできており、経年劣化でどうしても硬くなってしまい、振動を抑えることができなくなってしまいます。

 

これを変えるだけでもだいぶ振動を抑えることができます。

 

またゴムベルトなども固くなると通常の動きをしなくなるので、早めに交換をすることをお勧めします。

 

ほかにはカラカラ、カツカツという音がなったりもします。

 

これはタペットと呼ばれる部品がおかしくなっていることを教えてくれる音です。

 

いずれの音も変だなと思ったらすぐに修理に出すことが大事です。

 

人間にたとえると生活習慣病のようなものです。

 

早めに気がついて食事やダイエットなどで改善をすれば、よくなります。

 

なんでもないとほっておくとどんどん悪いほうに進んでいき最終的には、心臓病は糖尿病になってしまい大変なことになってしまいます。

 

人間も車も日ごろのケアが大事なのです。