車のブレーキを踏むと音がいつもと違う。それは要注意のサインです。

 

ブレーキを踏むとなぜかハンドルがブルブル震える症状が出た方はいませんか??

 

そんな症状が出た方は、ブレーキにトラブルが起こっている可能性があります。

 

今は、ほとんどの車で、ディスクブレーキというシステムを採用しております。

 

文字通り回転するディすくをパッドと呼ばれる部品ではさんでとめる仕組みになっております。

 

問題がおきるほとんどの場合、このディスクかパッドに原因があります。

 

たとえば、ディスクというのは、本来表面が平らなはずでなければなりません。

 

何らかの原因や日ごろのブレーキの踏み方に問題がある場合は、平らではなくゆがんでいる可能性が出てきます。

 

そのせいでパッドが、ディスクに装着しないということが起きます。

 

ディスクは、消耗品です。車の運転時に何も気にせず急ブレーキを踏んだり、乱暴な運転をしているとすぐに不具合が出てきます。

 

ただ問題なのが、パッドやディスクに不具合が発生しているのに、ちゃんとブレーキはかかるのでほとんどのかたは、修理に持っていかない傾向にあります。

 

交換してもそんなに高い金額ではないので、違和感を感じたらすぐに交換をお勧めします。

 

もし交換しないでおくともっと重大な欠陥に発展する場合が大きいので、そのほうが高くつきますのでぜひ交換してください。

 

停止直前にハンドルを切っていないのに車が曲がる

 

この症状が出ると危険信号です。ブレーキを深く踏んで、とまりかけのときにハンドルをまっすぐの状態にしているにもかかわらず、ハンドルが右か左に曲がる場合があります。

 

これはブレーキの片ぎきが問題です。本当は、左右同じブレーキがかからなくてはいけないのに、片方のブレーキが、強かったり弱かったりするとこのような状況になります。

 

このような時は、必ず新品と交換しましょう。さらに交換する場合もメーカーの純正のものを使いましょう。

 

安いものを選ぶと異音の原因にもなりますので、必ずメーカーの純正品を使いましょう。