車のガクンは危険信号。車の内部で何が起きているのか?

 

車(AT)を走らせているときにシフトダウンのショックがおおきくなったら注意が必要です。

 

トランスミッションの不具合に注意したほうがいいでしょう。

 

トランスミッションとは、エンジンから動力を上手に変換し、効率的に使う装置です。

 

そこに問題が発生している可能性が高いです。

 

ただ軽い症状であれば、潤滑油の交換だけですんでしまうことが多いです。

 

重症の場合、トランスミッションの交換となりますのでかなりの高額の修理になります。

 

早めに修理をすれば、潤滑油だけの交換ですんだのが、トランスミッションの交換になると大変なことになるので注意が必要です。

 

トランスミッションまで不具合を起こさせないために一番簡単なことは、定期的に、ATフルードの交換が必要です。

 

目安としては、2から3万キロが目安になってきます。

 

新車を購入して一度も交換したことがないと思った方は、ぜひ試しにATフルードを交換してみてください。

 

交換する前と比べて、車が静かになったように感じられるはずです。

 

サスペンションの不具合は、ボディーブローのように効いてくる

 

路面からの衝撃をダイレクトに受けないためにあるのが、サスペンションです。

 

これがないと車の運転どころではありませんし、腰などを痛めてしまいます。

 

運転をしていて、「ゴキゴキ」という音が聞こえるようになったらサスペンションの不具合を疑ってください。

 

サスペンションの不具合は、振動だけでなく、音でも知らせてくれるのが特徴です。

 

サスペンションの構造を簡単に言いますとショックアブソーバーとブッシュという部品で成り立っております。

 

その中でよく磨耗しやすいのが、ゴムでできているブッシュと呼ばれる部品です。

 

ブッシュは素材がゴムなので残念ながら経年劣化してきます。

 

ある程度運転をすると定期的に交換をしたほうがいいです。

 

交換をしないで掘っておくとブッシュではなくサスペンションをいためてしまいますので、ブッシュは安価なので定期的な交換をお勧めします。

 

ショックアブソーバーとブッシュどちらかを交換するのであれば、ブッシュがお勧め

 

上記で乗り心地が悪くなってきたら、ブッシュ交換がお勧めといいました。

 

ブッシュだけを交換した場合でも大幅に乗り心地が変わる可能性が高いのです。

 

もし修理のお店などに乗り心地が悪くなってきて、修理を頼んだとします。

 

そうするとお店の店員が、ショックアブソーバーも替えてみませんか??ときかえることが多いです。

 

なぜそのようなことを聞くかといいますとショックアブソーバーのほうが、部品代が高い割に工程が簡単なのです。

 

楽な仕事で売り上げが上がるので、お店さんとしても交換してほしいものなのです。

 

逆にブッシュは、部品代も安いですし、工程も難しいのです。

 

だからお店の人はそれでは商売にならないので、ショックアブソーバーも交換してほしいのです。

 

もちろんお金があれば、両方交換するのがいいのですが、あまりお金がない人は、ショックアブソーバーの交換時期を長くしたりして節約するのもありだとおもいます。