車を高く売る方法。買取店が査定のときに見る場所とは??

日本中にいろいろな形態の車買取会社があります。でもどの店に売る場合でも、高く売るためのポイントは同じです。

 

ディーラーの下取り、買取専門店の買取り、中古車販売店の買取りなどなどたくさんあります。

 

最重要項目 車種、エンジンの状態、グレード、年式、走行距離
外装 ボディカラー、ボディのキズ、ヘッドライト、エアロパーツ、タイヤの溝、アルミ
内装 臭い、車内のキズ、イスの動き、、ハンドル、アクセルやブレーキペダル
電装 ETC車載器、サンルーフ、自動スライドドア、エアバッグ
その他 禁煙車、土足禁止、ワンオーナー、車検の残り、修復歴などなど

 

このようにある程度、査定ポイントがあるとどこを見ているのかなとかわかるだけでも安心感がありますね。

 

また営業マンの査定の時間ややる気があるかによっても高い価格になるか安い価格になるかきまります。

 

ちゃんと見てくれる営業マンほどその車がほしいと思っているので、高く値段をつけてくれる可能性が高まります。

 

 

などなどほかにもたくさんあります。ただお金をかけてまで査定ポイントを上げる必要はありません。

 

バンパーに傷があってもそれを修理に出したりしてはいけません。

 

修理代よりも査定ポイントは必ず低くなりますのでご注意ください。

 

車内はいつも綺麗に整理整頓を心がけ、大事に使いましょう。

 

車を購入した日から何年かたつと車を売却することを考えます。

 

車を買った日からそのことを考えながら、運転していればおのずと売却額も高くなります。

 

たとえば、ブレーキを踏むときもなるべく急ブレーキにならないようにするとか??

 

なるべく砂利道を通らずに、平坦な道を運転するといったことでも車に対するダメージが違ってきます。

 

またたばこもすう吸わないによって、査定価格が変わってきます。

 

ちょっとしたことも気をつけながら乗ると売却するときに高くなること間違いなしです。