車のバッテリーは、こまめに充電しておくと長持ちしやすくコスパがいい。

 

最近の車は、電化製品化しているので、電気カーとも呼ばれています。

 

車を動かすのは、ガソリンと思われていますが、電気もなければ、走りません。

 

そのため電力を供給するバッテリーの存在がとても重要になってきます。

 

車を動かす装置のほとんどが、電子制御になっていて、いたるところにセンサーが着いております。

 

これを動かすには電気が必要です。

 

また電気が来ているからといって電子制御がちゃんと動くかといわれるとそうではありません。

 

安定した電力が来て始めて電子制御が正常に動くのです。

 

バッテリーが経年劣化で、古くなってくると供給量が、間に合わなくなり電力が安定しなくなります。

 

こんな状態では危なくて車を運転することはできませんよね。

 

車のバッテリーは、二年に一回交換する

 

常に安定して、電力の供給をするためにも2年に一回は、バッテリーの交換をお勧めまします。

 

そんなにバッテリーを交換するのは、地球環境に悪いのではないか??とおもうかもしれませんが、バッテリーはリサイクル可能なので、安心してください。

 

バッテリーはお店などに行くとピンきりの値段になっております。

 

あまり高いものを買う必要はありませんが、最低でもメーカー純正を選ぶといいと思います。

 

絶対にやめたほうがいいのは一番安いバッテリーを積むことです。

 

安物買いの銭失いになりかねません。