エンジンブレーキはエンジンに負担をかけすぎる??さらにトランスミッションにも悪い

 

エンジンブレーキとは、エンジンの回転数を落とすことで、それを抵抗にしてスピードを落とす行為です。

 

そのためエンジンとトランスミッションに負担をかけることは確実です。

 

下り坂でよくエンジンブレーキを使いなさいといわれる理由は、アクセルペダルを閉じた状態にしておくとエンジンに空気が入らないためエンジンがスムーズに動かなくなり、スピードが落ちるのです。

 

エンジンブレーキを多用するとエンジンだけでなく、トランスミッションにも悪影響を及ぼします。

 

1速や2速ほどエンジンブレーキは強くかかると教習所で習ったと思います。

 

1速や2速はスピードを出すというよりもパワーを出すために使うギアです。

 

そのギアを使っているので抵抗が大きくなり、エンジンブレーキの効きがたかくなります。

 

その分ギアに大きなストレスがかかります。

 

山道などの長い下り坂で運転するときは、1速や2速でのエンジンブレーキの必要性は出てきます。

 

でも平坦な道のエンジンブレーキの多用は、車を消耗させるだけで、いいことはまったくありません。

 

通常の運転であれば、アクセルを戻して、ブレーキに頼る運転のほうが、絶対にいいですね。