車を売るときに確実にマイナス査定になるものとは・・・・。

 

車を売るときに絶対にマイナス査定されるものがあります。

 

それは喫煙車です。

 

タバコを買うときにお金を払って、健康を害したときにお金を払って、車を売るときにマイナス査定になる。

 

百害あって一理なしのタバコです。絶対にタバコは吸わないほうがいいです。

 

タバコのにおいは喚起をすれば大丈夫??

 

タバコのにおいは、喚起をすれば大丈夫?そんなことはありません。

 

タバコのにおいは、しつこく車の中に残ります。

 

シートに匂いが残ってしまうのです。

 

喫煙者が気づかないかもしれませんが、非喫煙者にとってはすごいいやなにおいになります。

 

タバコのにおいがついた車なんて、買いたがる非喫煙者の方はいません。

 

どうしても禁煙車のほうを購入してしまいます。

 

だから車内では喫煙してはいけないのです。

 

車内クリーニングをすれば大丈夫??

 

喫煙車は、車内クリーニングをしても100パーセントにおいが取れるわけでもありません。

 

においがもっとひどい場合は、専門業者に依頼して、内装を取り外し、丸洗いするような形になります。

 

こんなことをしても査定があがることはありません。

 

どうがんばってもマイナス査定は、まぬがれません。

 

次の車から気をつけよう

 

今回売ろうとしている車を喫煙車にしてしまった場合はもうあきらめましょう。

 

これから買うであろう車は、喫煙車ではなく、禁煙車にして次の車売却時にプラス査定をもらいましょう。

 

また禁煙をやめられない方でも絶対にタバコはやめましょう。

 

タバコを買うお金も健康も次の車の査定アップもすべて手に入れることができるのですから^^